自己破産から復帰する!

 

連帯保証人の返済義務は残る自己破産と取り立てについて

消費者金融や銀行のカードローンや、クレジットカードのキャッシングやリボルビング払いなどは、便利で重宝する一方で、毎月の返済額にかかる金利が非常に高めに設定されているため、借入金額が増えるにつれて返済額に占める利息の割合も多くなります。また、気軽に利用出来る反面、あまり借金をしている感覚がないため、ついつい自分の返済能力を超えた借り入れをしてしまう傾向があります。借り入れをしすぎて返済が滞ってしまった時は、自己破産などの債務整理を検討する必要性が出てきます。特に、借金の額が莫大で今後安定した収入が見込めない人は、法的に借金を帳消しに出来る自己破産を選択することがほとんどです。自己破産を行うと、車や住宅など一定の価値のある財産は全て手放さなければならなくなる上、信用情報に自己破産を行った事実が記載されるため、10年前後は新たな借り入れが出来なくなります。しかし、借金が帳消しになって返済義務がなくなる上、金融業者からの取り立ても止めることが出来るため、自己破産を行うことによるメリットは大きいと言えます。ただし、連帯保証人が付いている借金の場合は、自己破産後も免除されず、連帯保証人に返済の義務が生じてしまいます。借金の額によっては、連帯保証人も債務整理を行わなければならなくなり、文字通り「共倒れ」の状態にも陥りかねません。借金の連帯保証人は、このような重責を背負わされていることを忘れてはなりません。